ゴルフ浸りでは、ゴルフスイングやスコアなどの技術的な話・ゴルフ選手を中心に紹介しています。

ゴルフで右肘が痛い人必見!痛みの原因と対策を解説!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ゴルフで右肘に痛みが出る人は非常に多いです。いわゆる『ゴルフ肘』と呼ばれる症状ですね。

腰痛で悩む方はゴルフファーも多いですが、腰痛の次か、それと同じくらいに右肘の痛み『ゴルフ肘』で悩む方は多い印象です。

ゴルフは同じ動作を繰り返すスポーツなので、スイングに問題があると体の一部分に負担がかかりやすく、痛みを引き起こしやすくなります。

そこで、今回の記事では『右肘の痛み(ゴルフ肘)』の原因と対策について、できるだけ分かりやすく解説していこうと思います!

ゴルフによる右肘の痛み(ゴルフ肘)は『内側上顆炎』

ゴルフで右肘が痛くなる人は、右肘の内側が痛くなることが多いと思います。これは、医学的には『内側上顆炎(ないそくじょうかえん)』と呼ばれます。

下の画像をご覧ください。

画像引用:森整形外科リハビリクリニック

緑色の丸で示されたところが、内側上顆と呼ばれる部分です。

少し難しい話になりますが、橈側手根屈筋(とうそくしゅこんくっきん)、尺側手根屈筋(しゃくそくしゅこんくっきん)、長掌筋(ちょうしょうきん)、円回内筋(えんかいないきん)と呼ばれる筋肉が「内側上顆」に付いており、これらの筋肉の付け根が炎症を起こすことで『内側上顆炎』と呼ばれる症状を引き起こします。

簡単に言うと、手首を曲げたり、手を強く握る動作を繰り返すことで引き起こされる痛みです。

ちなみにこういった体の痛みというものは、内側上顆炎と同様に『腱(けん)』と呼ばれる部分で炎症が起きることで引き起こされるものがほとんどです。

『右肘の痛み(ゴルフ肘)』はスイングに問題あり!

ではなぜ、『右肘の痛み(ゴルフ肘)』が起きてしまうのでしょうか?ズバリ、その原因は「間違ったゴルフスイング」にあります。当たり前ですよねw

上記でも説明した通り、ゴルフ肘は手首を曲げたり、指を握る時に使う筋肉の炎症によって引き起こされます。

つまり、スイング中にグリップを強く握りすぎていたり、タメを意識しすぎるあまり右肘を過剰なまでに絞った状態でスイングする人は『右肘の痛み(ゴルフ肘)』を起こす可能性が非常に高いです。

また、フェースローテーションが大きすぎるスイングや、しゃくりといった動作でも『右肘の痛み(ゴルフ肘)』を引き起こします。

▼参考▼今すぐ肘の痛みが軽くなるスイングを手に入れたいなら、必要なアドバイスをライザップゴルフのプロのコーチからもらおう!

右肘の痛み(ゴルフ肘)への対策とセルフケア

ゴルフ肘によって引き起こされる右肘の痛みを根本的に治すには、ゴルフスイングを見直すのが一番ですが、そう簡単にいくものではありません。

なので、ここでは、とりあえず今起きている右肘の痛みに対する対策とセルフケアについて解説していきます。

右肘の痛み予防には「エルボーバンド」が効果的

スポーツによって引き起こされる関節の痛みには、サポーターが最も効果的です。サポーターは関節周囲の筋肉をグッと安定させることで、関節への負担を軽減する効果があります。

結果的に関節自体の痛みも軽減してくれますし、痛みの原因となっている筋肉の負担軽減にもつながります。

なので、ゴルフ肘の痛みに悩んでいる方はスイング自体の見直しと並行して、エルボーバンドを使用することをおすすめします。

もちろん、サポーターも『なんでもいい』というわけではありません。しっかりと効果・実績のあるサポーターでなければなりません。

私がおすすめしているサポーターは、ZAMST(ザムスト)のエルボーバンドです。ZAMST(ザムスト)は医療メーカーとして、整形外科向けの製品を開発している会社のスポーツ向け製品のブランドです。

多くのプロスポーツ選手と契約している一流メーカーであり、製品の品質・効果・安全性も業界No.1です。

ゴルフ肘に効果的なセルフケア

ゴルフ肘になった時にまず行うべきは、患部の安静とエルボーバンドによる関節の保護です。

そして次に大切なので、普段から行う「セルフケア」です。セルフケアの中でも、最も簡単に行えるのが「ストレッチとセルフマッサージ」です。

まず、ストレッチから。下の写真をご覧ください。

この写真のように、掌を上に向けた状態で指を下に引っ張るように10~20秒ストレッチをかけます。痛みが出ない程度でストレッチをかけ、ストレッチの最中はゆっくり深呼吸をするように心がけましょう。

次に、セルフマッサージです。

セルフマッサージでは、下の図の丸で囲まれた部分を「痛気持ちいい」くらいの強さでゆっくりマッサージしてみてください。

前腕の真ん中や内側上顆付近をマッサージするのも効果的ですが、図のように手首付近をマッサージするのも非常に効果があります。ストレッチやセルフマッサージは、お風呂上りや就寝前に行うのがベストです。

正しいスイングを身に付けないと、一生痛みと付き合うゴルフ人生に…

今回は、ゴルフで起きる右肘の痛み(ゴルフ肘)について、原因や対策をあれこれと解説しました。

今現在、ゴルフ肘による痛みに悩んでいる方は、まず今回紹介した対策・対処法をお試しください。きっと効果があります。そして、記事冒頭でも書いたように、ゴルフ肘は「間違ったスイング」により引き起こされます。

痛みに対しては今回紹介した方法で対策できますが、その「間違ったスイング」を直さない限りは一生痛みと付き合うゴルフ人生になってしまいます。

実際、プロゴルファーでもスイングによって引き起こされる痛みによって、第一線を退くことになったり、引退にまで追い込まれる選手もいるわけです。

あの丸山茂樹プロも、親指の痛みが原因でツアーの第一線から退くことになりましたし、ゴルフ界のレジェンド、タイガーウッズも長年腰痛に悩まされてきた選手の一人です。

このように、同じ動作をするゴルフは、特に体の一部分に負担のかかりやすいスポーツです。

特にアマチュアは、プロのように完成されたスイングではありませんし、体力もプロとは比較になりません。

その為、ゴルフに一生懸命なアマチュアプレーヤーほど、ゴルフ肘や腰痛といった痛みに悩まされる方が多いんです。

ゴルフを健康な状態で長く楽しむためにも、まずはゴルフスイングそのものを見直すことから始めてみましょう!痛みが出るということは、スイング自体に何らかの問題点があるはずです。

そして、そのスイングの問題点を見つけて修正していく作業は、スイングに関する正しい知識と技術を持った専属のコーチと一緒に行うようにしましょう。

間違っても、独学やゴルフ仲間からの指導を受けるといった方法でスイングの修正を行ってはいけません!1~3ヶ月、専属のコーチと1対1の環境でじっくりと自分の体に合った正しいスイングを作り上げましょう。

独学の間違った練習を延々と続けるのか、正しい知識と技術を持ったコーチに教わるのかでは、後になって大きな差がつくことになります。まずは、始めの一歩として「スイング診断」を受けてみましょう。現時点での自分の問題点を把握し、方向性を見出すきっかけにもなるはずです!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ゴルフ浸り , 2021 All Rights Reserved.