ゴルフ浸りでは、ゴルフスイングやスコアなどの技術的な話・ゴルフ選手を中心に紹介しています。

ゴルフ場でニット帽(ツバなし)はマナー違反?冬ゴルフの防寒対策には必須!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

一般的にゴルフのベストシーズンと言われる9~11月が終わると、冬ゴルフの時期がやってきます。

冬のゴルフ場って結構寒いんですよね。寒いと体も思うように動かないですし、できるだけ防寒対策をして備えたいところです。そこで気になるのが『ゴルフ場でニット帽ってOKなの?』という疑問。

冬場に普通のキャップやバイザーだとなんだか寒く感じるので、できれば保温性に優れてニット帽を着用したいですよね。またニット帽でも「ツバなしのニット帽」がOKなのかNGなのか?その点についても解説していこうと思います。

ニット帽はツバあり・ツバなし両方OK♪マナー的にも問題なし

ゴルフ場でニット帽(ツバあり・なし)を着用するのはマナー的に問題ありません♪実際に、石川遼選手もJTカップの最終日にニット帽(ツバなし)を着用してプレーしていました。

日本のトッププロが、名門中の名門コースで着用しているのでアマチュアの方も「マナー的に大丈夫かな?」なんて気にすることなく、自分の好きなニット帽を着用して冬ゴルフを思いっきり楽しみましょう♪

それにしてもやっぱり石川遼選手は華があってカッコイイですね♪ウェアも毎回おしゃれに決まってます。ニット帽は保温性に優れていますし、万が一の打球自己の際にも普通のキャップよりも安全性が高いように思います。

まさに冬ゴルフには必須の防寒アイテムですね♪

冬ゴルフにおすすめのニット帽

ここからは、冬ゴルフにおススメのニット帽をいくつかピックアップして紹介していきますね♪

キャロウェイ

キャロウェイはゴルフウェアでもかなり人気のメーカーです。実際にゴルフ場でも、キャロウェイのウェアを着用しているアマチュアの方を多く見かけます♪

コチラはツバなしタイプのニットキャップです。石川遼選手が着用してたものとほぼ同じタイプですね♪

タイトリスト

キャロウェイと並んで非常に人気の高い『タイトリスト

ブランドロゴがかっこいいのに加えて、シンプルなデザインが良いですね♪このニットキャップは裏地が防風仕様になっているので、風の強い冬ゴルフでもばっちり防寒してくれます♪

これはタイトリストのツバなしタイプのニットキャップです。これぞタイトリストといった感じのシンプルでクールなデザインです♪

タイトリストのウェアは他のメーカーに比べて価格が高いですが、こちらの商品は価格もリーズナブルでかなりお買い得だと思います。

オークリー

オークリーは若い世代に人気のゴルフウェアです♪ちなみに私はキャディバックがオークリーです。ゴルフ仲間とちょっとウェアで差を付けたい。という方にはおすすめです♪

ビームスゴルフ

渋野日向子選手が着用して全英を制してから、人気に火が付いた「ビームスゴルフ」他のメーカーとは一線を画すデザイン性で、男女問わず人気のゴルフウェアとなっています。

とはいえ、まだまだ着用している人はそこまで多くないので「人と被るウェアは嫌」という方にはかなりおすすめです♪

ニューエラゴルフ

ニューエラのゴルフキャップもオークリーと並んで若い世代に人気のメーカーです。

デザインも派手目のものからシンプルなものまで色々なラインナップがあります。私もニューエラのシンブルなデザインが好きで、いくつかキャップを持っています♪

まとめ

冬のゴルフ場はかなり冷えます(^^; 体が冷えるとスムーズなスイングもできなくなるので、防寒対策をばっちりして体を冷やさないようにすることが大切です。

記事冒頭で解説したように、ゴルフ場でニット帽(ツバあり・なし)を着用するのはマナー的にも全く問題ないです。

せっかくなので、おしゃれでかっこいいニット帽を着用して気分を上げて冬ゴルフを楽しみましょう♪

また、どうせゴルフウェアを買うなら楽天市場がおすすめです。貯めた楽天ポイントはゴルフ予約サイト『楽天GORA』で使えるので、普段よりお得にプレーすることができますよ♪

アマチュアゴルファーにとって楽天カード楽天GORAは必須サービスですね。

私が楽天GORAを利用して衝撃的な料金でプレーした話は以下の記事で紹介しているので、よかったら一度読んでみてください♪楽天GORAでゴルフの1人予約をした体験談レビュー!ラウンド終了後に驚きの展開!

それでは皆さんも冬ゴルフをがっちり楽しんでいきましょう!

本楽天GORAを使ってお得にゴルフを予約しよう!

 

ゴルフの真実

年間自己流の練習に30万円をかけて5年後にスコア80を切れたAさん、一方で専属コーチに半年30万円をレッスンしてもらい1年後にスコア80を切れたBさん。

合計で見ると、Aさんは150万円と5年の歳月を浪費しているのに対して、Bさんは60万円と1年の出費で済んでしまうんです。この計算ができないほど、あなたは馬鹿じゃありませんよね?

しかも、世界最高峰のPGAツアーでは専属のコーチを付けるのが常識です。あのタイガーウッズですら専属のコーチによるスイングチェックを受けながら練習しています。

また、B・ケプカ選手のようにショット・アプローチ・パッティングと各部門ごとに専属のコーチを契約する選手もいます。

なぜトップ選手が専属のコーチを雇うのか…。そうすることが試合で勝つために一番合理的だからです。

となると、スイングに関する知識、練習にかけられる時間が限られているアマチュアゴルファーこそ、専属のコーチによる指導を受けるべきなのは明白です。

現状、コーチにアドバイスをもらわずに、我流でやっているあなたのスコアはどのくらいですか??

ゴルフ初心者はもちろん、スイングやスコアが伸び悩んでいる中上級者の方も、一度自分のスイングをチェックしてもらいましょう!

▼参考▼チャレンジャーの92%が実際のラウンドでも100切りを達成!自宅でプロのスイング診断を受けてみよう!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© ゴルフ浸り , 2020 All Rights Reserved.