Just another WordPress site

ゴルフ浸り

高島早百合(ゴルフ)のドラコン日本一スイングを分析!インスタやゴルフサバイバルでも大人気

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回皆さんにご紹介するのは、女子ゴルフ界ナンバー1の飛ばし屋美人プロ「高島早百合」プロです!

すでにご存じのゴルフ好きの方もいらっしゃると思いますが、高島早百合プロは2018年のドラコン大会のチャンピオンです!

知名度こそまだそこまで高いとは言えませんが、最近では人気YouTubeチャンネル「ringolfチャンネル」「和田正義のダワ筋チャンネル」や人気ゴルフ番組「ゴルフサバイバル」にも出演するなど徐々にメディア露出も増えてきています。

今後間違いなくブレイクするであろう選手の1人なので、今のうちにチェックしておきましょう♪

ドラコン日本一の美人プロはゴルフサバイバルでも大人気♪

高島早百合プロは2018年に行われたドラコン大会で優勝しています。その時の記録が「365ヤード」!!

このブログでも以前紹介した『杉山美帆』選手でもドライバー飛距離は320ヤードですからね。杉山美帆選手も十分すごいんですが、高島早百合プロの記録がいかに飛び抜けているかよくわかります…。

そんな高島早百合プロですが、以前「ゴルフサバイバル」に出演していました。高島プロが出演した回は私もチェックしましたが、明らかに他のプロより目立っていました!身長173cmと長身で、手足も長く、その時は黒のウェアを着用していたのでいい意味で男前な雰囲気が出ていていかにも「強そうな選手」といった印象でした。

なによりアドレスに入る所作が男子プロのような雰囲気があって、男の私から見てもかっこいいんですよね♪こういった雰囲気を出せる選手って意外と少ないんですよね。画面越しに感じるくらいですからツアー会場で見たらもっと迫力がありそうです。
高島早百合プロの出演回をゴルフサバイバルをHuluで無料視聴するなら今すぐこちらをクリック♪

高島早百合プロの飛ばしの秘訣は『床反力スイング』!

女子プロゴルフ界でも間違いなくトップクラスの飛距離を誇る高島早百合プロですが、その飛距離の秘密は今話題の『床反力』にありそうです♪

高島プロのスイングを見てもわかる通り、ダウンスイング~インパクトにかけて一度沈み込むような動きの後に両膝を伸ばしジャンプするような動きが見られます。アメリカPGAツアーでも「ジャスティン・トーマス」や「ローリー・マキロイ」などの飛ばし屋にも同じ動きが見られます。

この「床反力」を利用した飛ばしのテクニックはざっくり言うと、切り返し~インパクトにかけて左足でグッと地面を強く踏み込むように体重移動し、インパクト直前に左膝を伸ばすことでクラブのヘッドスピードを上げるというものです。

私があれこれ説明するより、床反力に関しては私もお気に入りのYouTubeチャンネル「SONIC GOLF」の吉田一尊さんがとても分かりやすく解説していたので、ぜひ一度ご覧ください。

これめちゃくちゃイメージしやすいですよね♪実際に練習場で試してみてもヘッドスピードが上がるのを実感できます。この動画でも解説してある通り、ダウンスイングに入るタイミングでブランコを漕ぐイメージです。この動作は多くのドラコンプロが練習に取り入れています。

初めのうちは大げさなくらいに動きを意識すると感覚がつかみやすいかもしれません。慣れてきたら、なるべく小さな動きの中で重心を動かせるようになるとかなり効率よくヘッドスピードを上げることができます。

ぜひ普段の練習に取り入れてみてください♪

インスタフォロワー10万人!高島プロって結婚してる?

美人プロとして人気の高島早百合選手♪インスタのフォロワーは驚異の10万人超え。ドラコン大会で優勝したとはいえ、レギュラーツアーで活躍している他のプロに比べるとテレビでの露出はまだまだ少ないです。

そんな中でこのフォロワー数ですからすごいですよね。レギュラーツアーでも上位争いできれば更に人気が爆発しそうな予感です♪

ちなみに高島早百合プロですが、まだ結婚はしていないようです。ちなみに以前出演していたゴルフサバイバルで好きな男性のタイプは「優しくて、思いやりがあって、夢や目標に向かって努力している人」と語っていました。

まだ女子ツアーでは苦戦が続いている状況ですので、今は恋愛や結婚は後回しといった感じなんでしょう。

ちなみに高島早百合プロのインスタは、練習場やラウンドでのスイング映像がたくさん投稿されているのでとても参考になります。

まだフォローしていない人はぜひチェックしてみてくださいね♪

ツアー最多ストロークを記録したことも…

昨年のドラコンでは日本一になった高島プロですが、実は過去に出場した大会ではツアー最多ストロークを記録した苦い経験もあります。2016年の「meijiカップ」で、2日間で182ストローク(初日96・2日目86)とし、それまでのワースト記録を1打更新してしまいました。

ゴルフはメンタルのスポーツです。その時の体や心の状態次第ではどんなトッププロでも信じられないような状況に陥ることもあります。

あのローリー・マキロイだって今年の全英では地元開催のプレッシャーからか、スタートホールでまさかのダブルパー発進でした…。

高島プロもワースト記録こそ更新してしまいましたが、昨年はドラコン大会を制する程の飛距離の持ち主です。誰にも負けない圧倒的な武器を持っているわけです。すべての点において並な能力で平凡な選手よりどう考えてもポテンシャルは高いので、それだけの爆発力を秘めています。

今年ついに石川遼選手が長いスランプから抜け出したように、高島早百合プロもいつかレギュラーツアーで活躍する日がやってきます!

そう期待してこれからも高島早百合プロの動向をチェックしていこうと思います♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ゴルフ浸り , 2019 All Rights Reserved.