Just another WordPress site

ゴルフ浸り

【ゴルフ初心者】コースデビューの目安と期間!おすすめの練習方法も解説

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ゴルフコースデビューしたいけど、どれくらい上手になったらコースに行ってもいいんだろうか?

どれくらいの期間練習した方がいいんだろう

初めてのゴルフコースデビューに向けていろいろと不安がありますよね。練習場は気軽に行けても、ゴルフコースって何となく敷居が高くてなかなか一歩が踏み出せない人は多いと思います。

今回はそんな不安を解消するために「ゴルフコースデビューまでの目安と期間」について解説していこうと思います。

ゴルフコースデビューまでの期間と目安

ゴルフ上達のスピードは人それぞれです。なので、一律に「練習場に〇週間、〇ヶ月通ったらゴルフコースデビューしよう!」なんてことは言えません。

では一体どれくらいの期間、もしくはどれくらいゴルフが上達したらコースデビューしたらいいのでしょうか?

空振りや危険な方向へボールが飛んでしまう人はまだ練習場に通うべき

ゴルフコースデビューまでの期間の目安を語る前に、現在上記のような状態にある人はゴルフコースデビューはまだ延期しておきましょう。

なぜなら「自分や同伴者・他のプレーヤーの安全を守るため」です。

ゴルフ初心者の方はあまりご存じでない方もいらっしゃるかと思いますが、ゴルフは意外にも毎年打球による死亡事故や重大な後遺症を伴う怪我が発生しています。

ゴルフボールはものすごいスピードで飛んでいきますし、非常に硬いです。そんなボールが人の頭などの急所に当たれば重大な事故につながってしまいます。(そういった事故の補償をするためにゴルファー保険が存在します。)

ゴルフは本当に素晴らしいスポーツです。広大な緑に囲まれながらプレーする気持ちよさは他のスポーツにはない魅力があります。

ゴルフを心から楽しんでプレーするためにも上記のような状態の初心者の方はとりあえず練習を継続しましょう!

ドライバー・アイアンが6~7割前に飛ぶようになったらコースデビューしよう!

これは私が考えるゴルフコースデビューの基準の一つです。ちなみに「前に飛ぶ」という判断基準は「ショットの飛距離を問わず、とりあえずボールを前に飛ばすことができる」という状態です。

ゴルフ上級者のアマチュアでもOBは打ちますし、毎回狙ったところに真っすぐ打てる人なんてはっきり言っていません。プロだってミスするのですからね。

空振りが多かったり、ありえない方向にボールが飛んでしまうような状態だと、同伴プレーヤーに迷惑が掛かってしまいますし事故の可能性もあり非常に危険です。

ですが、「ある程度狙った方向に向かってボールを前に飛ばすことができる」という状態になればとりあえずゴルフコースデビューしても問題はありません♪

ゴルフ初心者に関しては欲張って飛ばそうとするよりも、低い球で転がすくらいの意識でボールを前に飛ばした方が良いスコアでラウンドすることができます♪

ゴルフコースデビューまではクラブを絞って練習しよう!

ここではゴルフコースデビューに向けたおすすめの練習方法を紹介します♪

初めてのゴルフ場は思った以上に緊張します!笑 私も初めてのゴルフコースでのプレーはかなり緊張しました。

そして「練習場ではあんなに上手に打てていたクラブが思ったように打てない…」という状況に陥りました。

そんあ状況に陥らないようにするためのおすすめの練習方法がクラブを絞って練習する」という方法です。これはつまり、「ゴルフ場で緊張した状態でも自信を持って打てるクラブを数本作っておく」ということです。

では具体的にどう練習すればいいのか解説していきますね♪

ドライバー、8番アイアン、アプローチウェッジ(100ヤードを打てるクラブ)を練習しておこう!

ゴルフコースデビューに向けた練習では主に上記の3本のクラブを中心に練習することをおすすめします。

ではなぜこの3本なのか。それぞれ説明していきます。

リズムよくドライバーを振れるようになっておこう

実際にティーグランドに立つと、緊張感からついつい力んでしまいます。ドライバーのミスは大きなミスになりやすいので力みは禁物です。その為、練習場ではリズムよくドライバーを打つことを意識して練習しましょう。

リズムは自分が心地よく感じるリズムなら何でもOKです。自分がリラックスして振れるリズムを見つけたら、ゴルフ場ではそのリズムだけを意識してドライバーを振り抜きましょう♪

7番アイアンではなく8番アイアンをしっかり練習しておくべき!

初心者はとりあえず7番アイアンを練習すべき!」 ゴルフを初めたばかりの初心者は必ずこう言われると思います。

しかし、初心者の方は7番アイアンではなく8番アイアンで練習することをおすすめします。

なぜなら現在のゴルフクラブはいわゆる「飛び系」という言われるクラブが多く、昔のクラブに比べてストロングロフト化が進んでいるからです。

つまり現在の7番アイアンは、メーカーにもよりますが、昔の5~6番アイアンくらいのロフトになっているものが多いのです。

その為、現代のクラブであれば8~9番アイアンくらいで練習した方が球も上がりやすく、サイドスピンもかかりにくいので結果として良いスコアに繋がりやすくなります。

しっかり100ヤード打てるクラブを持っておこう♪

ゴルフは100ヤード以内のショートゲームの精度が最も重要と言われています。残り100ヤードのショットを高い確率でグリーンに乗せることができたらスコアはグッと縮まります。

その為、「しっかり自信を持って100ヤードを打てるクラブ」を持っておくことが大切になってきます。それはアプローチウェッジでもピッチングウェッジでも構いません。

自分のヘッドスピードで100ヤードが打てるクラブが分からない…という方は以下の記事を参考にしてみてください。

ウェッジ(ロフト別)飛距離のヘッドスピード別目安を早見表で紹介!

最短で100切りを目指すならゴルフスクールでレッスンを受けよう

ゴルフを初めた方すべてが最初にぶち当たるのが「100の壁」です。

100切りしたら1人前」なんて言われることも多いので、ゴルフを始めたらまず100切りを目指します。

もちろんゴルフは趣味ですから我流であれこれ試行錯誤しながら練習するのもアリです。

でもどうせならできるだけ早く100を切りたいですし、かっこいいスイングを身に着けたいですよね♪

そんな人こそできるだけ早くゴルフスクールに通ってレッスンを受けることをおすすめします。

我流の練習はデメリットが多い

ゴルフは趣味ですから我流であれこれ試行錯誤するのもそれはそれは全然アリだと思います。

しかし我流で練習することのデメリットもしっかりと把握しておくことは大切だと思います。

金銭的・時間的コストがかかる

ゴルフスクールに通うのにもお金はかかります。しかし我流で練習することに比べれば、上達のスピードははるかに速いです

その為、ゴルフ初心者はゴルフスクールに通った方が我流で練習するよりも結果として金銭的・時間的にも少ないコストで上達することができます。

悪い癖が付きやすい・挫折しやすい

これは我流でゴルフをやる最大のデメリットと言えるでしょう。特にスイングの悪い癖がついてしまうと、その癖を直そうとあれこれ試すうちにドツボにハマり結果的に挫折してしまう人もいます。

せっかくゴルフを始めたんですから、できればゴルフの楽しさを知ってほしいです。ゴルフスクール等に通ってレッスンを受ければ、自分のレベルに応じて段階的に練習しておくことができるので挫折してしまうなんてことにはならないはずです。

ゴルフ上達には第3者の視点がとても重要

ゴルフ上達には第三者の視点からのスイングチェックとアドバイスがとても重要になってきます。

今はスマホを使えば、簡単に自分のスイングを撮影することができます。練習場では自分のスイングを撮影し、一打一打チェックしているアマチュアの方もちらほら見かけます。

しかし、自分のスイングを撮影して見ることができても、自分のスイングの悪いところってなかなか気づくことができません

そこで重要になってくるのが「第三者の視点」です。それも「正しい知識や技術を持った人の視点」が大切です。

我流のアマチュア同士であれこれ工夫するのも楽しいでしょう。でも、それではゴルフが上達するのにかなりの周り道をしてしまうことになります。

正しい知識や技術を持ったレッスンプロの下で、正しい指導を受けるのが上達への一番の近道です♪

ゴルフスクールに通うなら「定額制・レッスン受け放題」がおすすめ!

ゴルフスクールにも「定額制・レッスン受け放題」という超お得なプランが存在します!

ゴルフスクールって何となくお金がかかりそうなイメージがありますが、これなら安心してレッスンを受けることができますね♪

むしろ定額制・通い放題のメリットを生かしてどんどんレッスンを受けに行きましょう!ゴルフ上達にはやはり練習頻度・練習量がものを言います。練習場で毎回お金を払って練習するより明らかに速いスピードで上達するのが目に見えています♪

ゴルフスクールには様々なスイング解析装置が完備されているので、実際の自分のスイングをデータとしてみることができます。これまでは経験や感覚でしか伝えられなかったスイングのコツ的なものが、現代はデータとして目に見える形で確認することができます。

最高の環境でレッスンを受けながら練習することができるので、我流で練習するよりも「練習の質・上達のスピード」何倍にも高まります。

サクッと100切りして、上級者・アスリート志向ゴルファーの仲間入りを目指しましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ゴルフ浸り , 2019 All Rights Reserved.