ゴルフ浸りでは、ゴルフスイングやスコアなどの技術的な話・ゴルフ選手を中心に紹介しています。

【ゴルフウェア選びレディース編】「足が太い」と悩んでるあなたにおすすめの細見えコーデ4選!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ゴルフウェア選びは、レディースゴルファーにとってゴルフの楽しみの一つです。最近はたくさんのメーカーから、おしゃれでかわいいデザインのゴルフウェアが発売されています。色鮮やかなウェアを着たレディースゴルファーは、ゴルフ場でもパッと目を引きますし、まさにゴルフ場の華といった存在です。
しかし、レディースゴルファーの中にはゴルフウェア選びに悩みを抱えている方も多いようです。
その中でも特に多かったのが「足が太い」というコンプレックスにお悩みの方のゴルフウェア選びです。
確かにレディースのゴルフウェアはタイトなものが多かったり、スカート丈も短いものがあります。
となると、「本当はかわいいスカートをはいてゴルフしたいけど足が気になる…」「いつもパンツスタイルばかり…」と悩んでしまう方の気持ちも良く分かります。
そこで今回は、これらの悩みを解消するための細見えコーデをいくつか紹介していこうと思います!
今回紹介するコーデを参考にしていただければ「足が太い…」とお悩みの方も、これからのゴルフウェア選びのバリエーションがグッと広がって更にゴルフを楽しめること間違いなしです♪

「足が太い…」は細見えコーデで解決!おすすめの4パターン

それでは早速「細見えコーデ」を4パターンほど紹介していきます♪ぜひ今後のゴルフウェア選びの参考にしてみてくださいね。

①スカート+レギンス

まず最初におすすめしたいのは「スカート+レギンス」の組み合わせです。このコーデで一番大切なポイントは、膝下ではなく膝よりちょい上のスカートを選ぶことです。膝にかかる長さのスカートは足を太く見せてしまいますが、膝よりちょい上のスカートは太ももより細い膝が強調されるので足を細く見せる効果があります。そして、レギンスにはボトムラインをすっきり見せる効果があり、細見え度合いは抜群です。画像のように引き締めカラーの黒や紺のレギンスを選べば、さらに美脚&細見え効果がアップします♪
また、UVカット機能のあるレギンスであれば日焼け対策としても効果抜群なので、夏ゴルフにはピッタリです。

②ジョガーパンツ

ここ数年、男女問わず人気のファッションアイテムとなっている「ジョガーパンツ」。
実際にゴルフ場でもジョガーパンツを履いている方を多く見かけるようになりました。ジョガーパンツは見た目の通り、裾に向かって細くなるシルエットになっているので細見え効果だけでなく足を長く見せる効果もあります♪
タイトなデザインなので「プレー中に動きにくいのでは?」と思うかもしれませんが、太もも周りは割とゆったりしたものが多くストレッチ素材が採用されているので、逆に通常のパンツスタイルよりも動きやすさを感じる場合が多いです
ゴルフ場は虫刺されやケガのリスクもあるので、そういった面から考えても足元までしっかり保護できるジョガーパンツは非常におすすめのアイテムになります♪

③モノトーンコーデ

モノトーンコーデでトップスとボトムスを同系色にまとめることで縦長効果が生まれ、全体的に細身でスッキリとした印象を与えることができます。「派手なゴルフウェアはちょっと…」という方には是非おすすめのコーディネートです♪落ち着いた印象を与えてくれるので、コンペや仕事関係のラウンドなどにピッタリです。

④柄物のトップスで目線を上に

トップスに柄物をチョイスすることで自然と視線が上に行き、下半身をスッキリ見えやすくする効果が期待できます。
ポイントは「ボトムスはシンプルなものを選ぶこと」です。画像のように黒系のストライプ柄のボトムスを着ることで更にスッキリ見えやすくなります。またトップスにあまりにも派手な柄物を選んでしまうと悪目立ちしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

間違ったスイングは「太い足」の原因に…。

間違ったゴルフスイングは体型にも悪い影響を及ぼす可能性があることをご存じですか? 間違ったスイングを続けていると、腰痛や肩こりになるだけでなく足が太くなってしまう可能性もあるんです。 ゴルフスイングは反復動作を何度も繰り返すスポーツです。実際にゴルフコースでボールを打つ回数は腕前にもよりますが、せいぜい100球前後と言ったところでしょう。しかし、練習場ともなると200~300球打つのは普通ですし、練習熱心な人はもっとたくさんボールを打つこともあるでしょう。
つまり、間違ったゴルフスイングで練習を続けると体の一部だけに負担のかかる動作を何百回も繰り返すことになり、結果的に故障しやすくなるだけなく足が太くなる原因になったり、ゴルフスコアも伸びにくいという状況に陥いる危険性が非常に高いのです。
では、具体的にどういったスイングが足を太くする原因となってしまうのでしょうか?

それはズバリ「つま先重心でスイングする人」です。
よく「スイング中は足の母指球に力を入れて!」「アドレスではしっかり背筋を伸ばして!」なんてアドバイスを聞くことがありますが、まさにこれらのアドバイスが過剰なつま先重心を誘発する原因になっています。(特に運動経験の少ない非力な女性アマチュアゴルファーの方に多く見られます。)
過剰なつま先重心になると、体を支えようとして太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)を多く使うようになってしまいます。そのような状態になると、本来働くべきはずのハムストリングスやお尻の筋肉の活動も弱くなりやすいです。
この状態のままスイングを繰り返すと太ももの前側ばかりが強化されてしまい、見た目にも筋肉質な太い足になってしまう可能性があります。 本来、足の裏にかかる体重配分は「つま先40%かかと60%」が理想とされています。なので、正しいゴルフスイングが身に付いていれば、この体重配分に近い状態でスイングすることになるので、お尻やハムストリングスと呼ばれる太ももの後ろ側の筋肉が活動します。
これらの筋肉が働いた状態でスイングすると、スイングそのものにスピード感や力強さが生まれ、飛距離アップも期待できます。またお尻の筋肉やハムストリングスが活動することで足全体もスラっとした見た目になりやすく、ヒップアップ効果も期待できます。 では、一体どうすればそのような正しいゴルフスイングを見つけることができるのでしょうか?

この疑問に対する回答は1つです。それは『ゴルフスイングに関する正しい知識を持った専属のトレーナーと練習する』ということです。
特に、女性のアマチュアゴルファーこそ絶対に「専属トレーナーと1対1」という環境に身を置いて練習するべきだと思います。
「私は我流で頑張るんだ!」なんてプライドは絶対に上達を妨げる遠回りの原因になります。
もしあなたが本気で「正しいスイングを身に付けたい!」「ゴルフ仲間より一歩抜け出して上手くなりたい!」と思っているなら「ライザップゴルフ」をおすすめします。
ライザップゴルフは「トレーナーの質の高さ、充実した練習環境、結果の出る練習メソッドこれらすべてが他のゴルフスクールよりも高いレベルで充実しています。また、フィットネス分野においても確かな実績がありますのでゴルフレッスンを通じたボディメイクにも高い効果が期待できます♪
近場の練習場にあるグループレッスンや月額制の通い放題のレッスンでは、ダラダラと通い続けることになってしまう可能性が高く、お金と時間を無駄にしてしまいます
本気で自分を変えたいなら正しい環境に身を置いて、一定期間、正しい努力を積み重ねることが一番の近道です。 一度身に付けた正しいゴルフスイングは一生モノです。最短で綺麗なスイングを手に入れるか、一生ダラダラ我流の練習を続けるのか、どちらがいいか答えは明白ですよね。
まずはライザップゴルフの「スイング診断」を受けて、現時点での自分のスイングの問題点を専属トレーナーに見てもらい、今後の進むべき方向性を見つけることからスタートしてみましょう♪

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© ゴルフ浸り , 2022 All Rights Reserved.