ゴルフ浸りでは、ゴルフスイングやスコアなどの技術的な話・ゴルフ選手を中心に紹介しています。

田辺ひかり【かわいい女子プロシリーズ】クラブセッティングはアマチュア必見!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回チェックした選手は、今後ブレイク必至のネクストヒロイン候補『田辺ひかり選手』です。
田辺ひかり選手のプロ入りは2016年で、同期合格は「永井花奈選手」「川岸史果選手」などがいます。ちなみにこの年のプロテストトップ通過は永井花奈選手で、田辺ひかり選手は7位でプロテストを合格しています。

田辺ひかり選手はこれまでステップアップツアーを主戦場としていましたが、着々と実力をつけ2020-2021シーズンは26試合に出場し、トップ10が2回、賞金ランキングは24位という成績を残しています。
またシーズン初戦のダイキンオーキッドレディスでは3位という最高の滑り出しを見せてくれました。
その活躍もあって、女子ゴルフファンの間で注目度が上がってきた「田辺ひかり選手」。
今回はそんなネクストヒロイン候補の田辺ひかり選手についていろいろと一緒にチェックしていきましょう♪

田辺ひかり選手のかわいいインスタも要チェック!

気になる女子プロがいたらインスタは要チェックです♪
普段のツアー中継では見れないようなプライベートな部分や、TVではなかなか見れない練習風景なんかも見ることができるので、男女問わず気になるプロのインスタはいつもチェックしています。
では田辺ひかり選手のインスタをいくつかチェックしてみましょう♪

私が田辺ひかり選手を初めて見た時に感じたのは「パッと目を引く華のある選手だな~!」という感覚です。またプレー中の笑顔もとても魅力的です。シブ子スマイルが注目されたように、プロゴルファーってプレー中は真剣な険しい表情をするプロが多いので、渋野日向子選手や田辺ひかり選手のようにプレー中の笑顔が多い選手は見てるこっちも明るい気持ちになって応援したくなります♪

この写真は以前、当ブログでも紹介した『宮田成華(みやたなるは)選手』との2ショットですね。

両選手ともツアー初優勝が期待される注目プロです。宮田成華選手は女子プロの中でもかなりの美スイングなので、是非一度チェックしてみてください♪

田辺ひかり選手のこだわりクラブセッティングはアマチュア必見!

田辺ひかり選手は現在クラブ契約はフリーとなっています。
最近は人気選手でもあえて、「クラブ契約フリー」の選手が増えていて、それと同時に契約フリーの選手が選んだクラブ にも注目が集まっています。それはそうです。「プロが忖度なしに選んだクラブ」ってことですからね。
それでは「クラブ契約フリー」の田辺ひかり選手が選んだクラブセッティングをチェックしていきましょう!

1W キャロウェイ エピックフラッシュ サブゼロ(9度、ツアーAD IZ-5、硬さ:R)
3W・5W キャロウェイ マーベリック(15度・18度、ツアーAD IZ-5、硬さ:R)
UT3・UT4 ピン G400(19度・22度、MCH 60、硬さ:R)
5I~PW キャロウェイ Xフォージド 2017(N.S.PRO 850GH、硬さ:S)
AW・SW キャロウェイ JAWSフォージド(50度・56度、N.S.PRO モーダス3、硬さ:S)
パター ピン SIGMA2 KUSHIN C

ご覧の通り、田辺ひかり選手はユーティリティーとパター以外はキャロウェイのクラブを使用しています。
日本のメーカーのクラブが入っていないのは少し残念ですが…。(がんばれ日本のメーカー!)

しかし、これは田辺ひかり選手に限った話じゃなくて、契約フリープロの多くが海外メーカーを採用するパターンってかなり多いんです。
特にドライバーやフェアウェイウッドなどのウッド系においてはその傾向が強く、日本メーカーはかなり苦戦を強いられています。
実際、私個人としても感じるのは海外メーカーのウッド系クラブの飛距離性能・寛容性はかなり魅力的です。

少し話が逸れましたが、田辺ひかり選手のクラブセッティングで注目してほしいのはウッド系のシャフトの硬さです。
田辺ひかり選手は、ドライバー・フェアウェイウッド・ユーティリティのすべてに硬さRのシャフトを挿しています。
田辺ひかり選手は身長165cmで決して非力な選手ではありません。そんな田辺ひかり選手が軟らかいシャフトを挿しているのは、そのメリットを最大限に活かす為だと思います。
昨今、製造技術の進歩によって軽くて硬いシャフト(いわゆる軽硬シャフト)が人気となっています。
もちろん硬いシャフトを早く振ることができれば飛距離は伸びます。しかし長いシーズンを戦っていく上ではいつか体に無理が来てしまいます。

かつて女子ツアーで一時代を築いたイ・ボミ選手もウッド系にはRシャフトを挿していました。一度生で観戦したときに見たイ・ボミ選手のドライバーショットは、バランスが良く・一定のリズム、しかもとても静かなスイングなのに飛距離は平均240ヤード。ツアーで長く戦っていく上で大切なのは一発の飛びではなく、確実性と安定性なのだと実感した思い出があります。

それ以来、私もドライバーのシャフトは柔らか目のスペックを使用しています。軟らかいシャフトにすることで、力任せに振ることもなくなり、スイングリズムも改善し、平均飛距離・OB数の減少など色々なメリットがありました。
今では純正のSですら硬く感じるようになってしまいました(^^;
皆さんも是非一度、今のスペックよりも1~2段階程柔らかいシャフトを試してみてはいかがでしょうか。

田辺ひかりは人気番組「ゴルフサバイバル」にも出演していた

田辺ひかり選手もあの人気番組「ゴルフサバイバル」に出演していました♪

当ブログで何度も紹介している「ゴルフサバイバル」ですが、まだご存じでないゴルフファンの方がいたら是非一度視聴することをおすすめします!
もはや女子プロにとって登竜門的なゴルフ番組にもなっており、現在女子ツアーを席巻している人気女子プロの多くが、過去にこの番組に出演していたんです♪
田辺ひかり選手は現在レギュラーツアーで戦っている最中なので、今シーズン中の番組出演は期待できませんが過去の放送回はHuluでチェックすることができるのでおすすめです♪

ゴルフサバイバルには、これから活躍が期待されるネクストヒロイン候補がたくさん出演しています。番組をチェックしていち早く自分の押しプロを見つけましょう♪
Huluならゴルフサバイバルが1ヶ月無料!田辺ひかり選手の出演回をチェックしよう♪

田辺ひかり選手の初優勝に期待!

今シーズンはコロナの影響もあって2020-2021のシーズンが統合されています。
田辺選手は現在賞金ランキング24位なので、この調子で行けばリシャッフル後の2021終盤までの出場権を獲得することができます。
そしてシーズン終盤も好調を維持すれば晴れて来シーズンのシード権獲得となるわけです。

今シーズン初戦を3位でスタートしたように、今シーズンも待望の初優勝を達成する可能だって十分にあります。
しかし、田辺ひかりファンの一人としては、初優勝と同じくらい来シーズンのシード権獲得も大切です。
シード権が確定すれば選手本人にも精神的な余裕が生まれますし、ファンとしてもツアーで戦う姿を見ることができます♪

もちろん「初優勝=来シーズンのシード」でもあるので、初優勝することが一番です。
次々とスター選手が誕生する女子ゴルフ界ですが、田辺ひかり選手にはその1人になれる可能性が十分にあると思っています。

これからも田辺ひかり選手の活躍に期待して、応援していこうと思います!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ゴルフ浸り , 2021 All Rights Reserved.