ゴルフ浸りでは、ゴルフスイングやスコアなどの技術的な話・ゴルフ選手を中心に紹介しています。

ゴルフが急に下手になる2つの原因と解決方法!○○の練習は要注意

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

あなたは以下のような経験をしたことがありませんか?

「順調にスコアが伸びていたのに、急にゴルフが下手になってスコアが逆戻り…。全く原因がわからない」

「昔は毎回80台でラウンドできていたのに、久しぶりにゴルフを再開したら急に下手になっていた…」

「毎日コツコツ練習しているのに、急に下手になってきた気がする…。何を練習したらいいのか分からない。」

ゴルフが急に下手になることなんてあるの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と上記のような悩みを持つ方は多くいらっしゃるようです。『ゴルフが急に下手になる2つの原因』とその解決方法に迫ります!

結論から言うと、あなたが今、我流でゴルフを続けてスランプに陥っているなら、客観的な意見を取り入れるために、コーチにアドバイスをもらいましょう!

今、急にスコアが落ちてどうやって元に戻せばいいかわからず悩んでいるあなたは、本気でゴルフを上達させたいと考えているはずです。だったら、まずはライザップゴルフのプロコーチにオンラインでスイング診断をしてもらってアドバイスをもらってください!

ゴルフが急に下手になる原因①「加齢による体の変化」~イメージと現実のギャップ~

ゴルフが急に下手になる原因の一つとして「加齢による体の変化」があります。

「昔は毎回80台でラウンドできていたのに、久しぶりにゴルフを再開したら急に下手になっていた…」というパターンですね。

頭の中のイメージは、平均スコア80台当時のスイングのままですが、現実は加齢により筋力や体の柔軟性・瞬発力などが低下しています。

その「イメージと現実のギャップ」に気付かずに、当時のイメージのままスイングしてもナイスショットできる可能性はとても低いです(^^;

また、シニアゴルファーで一番多い悩みは「ドライバーの飛距離不足」だそうです。ドライバーの飛距離が落ちてくると、必然的にセカンドショットの距離も長くなりますし、スコアにも影響してきます。

落ちた飛距離を取り戻そうとして間違ったスイング改造をしてしまい、更にスイングが崩れて飛距離も落ちるという悪循環に陥ってしまうパターンも十分に考えられます。

つまり何が言いたいかと言うと、ゴルフを長く楽しむためには、その人の年齢や体力に合った、スイング作り・プレースタイルを選択することがとても大切ということです。

シニア近くなってから基礎体力作りから始めるのは非現実的です。自分にあったクラブセッティングを購入するのも十分効果的ですが、それをやるにしても、まずは「年齢と体力にあったスイング作り」が一番最初に取り組むべき課題と言えるでしょう。

ゴルフが急に下手になる原因②「スイングの基礎が身に付いていない」~我流の練習は要注意~

ゴルフが急に下手になる原因2つ目は「スイングの基礎が身に付いていない」です。

これはゴルフ初心者の方、特に『我流で間違った練習を続けてきた人』に多いパターンです。ゴルフは、アドレスやグリップといった基本中の基本がとても大切です。

しかし、我流で練習していると、基本中の基本であるアドレス・グリップから間違えてしまう可能性があります。それに、我流の間違った練習で身に付いたスイングのクセは修正するのが非常に難しいですし、ちょっとしたきっかけで長い長い不調に陥りやすいんです。

いくら『素振りは毎日しているし、練習場には週2~3回通っている!』と言っても、その練習が我流の間違った練習であれば、いつまでたってもスコアアップは期待できないでしょう…。

なにより、クセの強いかっこ悪いスイングになってしまう可能性が高いです。少しでも心当たりのある人は、次に解説する方法で正しいスイングの基礎を身に付けてください。

原因①②の解決方法は1つ!「第三者の目」のチェックを受けながら練習しよう!

今回挙げた、ゴルフが急に下手になる原因は以下の2つです。

  1. 加齢による体の変化
  2. スイングの基礎が身に付いていない

この2つの原因を解決するには『自分に合った正しいスイングを身に付ける』ということが必要です。

では、どうやってそのスイングを身に付けるか?その答えは『第三者の目によるチェックを受けながら練習できる環境に身を置くこと』です。

年齢と体力に合ったスイングを身に付ける為にも、我流のクセを修正して正しい基礎を身に付けるにしても『自分以外の第三者』からチェックを受けながら練習することはとても重要です。

PGAのトップ選手も、ほぼ全員が専属のコーチと契約して日々練習に励んでいます。

メジャーハンターの異名を持つB・ケプカ選手は、ショット・アプローチ・パターとそれぞれに専属のコーチと契約しているほどです。それだけ、ゴルフのスイング作りにおいて『第三者の目』からチェックを受けるということは大切ですし、とても効率的だということです。

我々アマチュアゴルファーはプロゴルファーに比べて、練習する時間も体力も、スイングに関する知識も限られています。

生活のすべてをゴルフに捧げているプロが専属のコーチを契約して練習しているのですから、我々アマチュアこそ我流の練習を辞めて、一定期間専属のコーチによるスイングチェックを受けながら練習するべきです。

何度も言いますが、我流の練習は間違ったクセが付きやすいだけでなく、長いスランプに陥る可能性も非常に高いです。もしあなたが、我流の練習を続けているなら出来るだけ早くやめて、専属のコーチによるスイングチェックを受けましょう!

また、久しぶりにゴルフを再開しようと思っている方も、その前にスイングチェックを受けてから再スタートしてみましょう。たしかにレッスンはお金がかかりますが、間違った我流の練習を続ける方がお金と時間の無駄です。

ゴルフに懸けられる時間が限られている我々アマチュアゴルファーこそ、専属のコーチによる指導を受けながら練習するのが最も効率的です。

正しい基礎を身に付け、自分にあったスイングを手に入れる為に、まずはスイング診断を受けるところからスタートしてみましょう♪

▼参考▼コーチにアドバイスをもらって劇的変化!実際のラウンドで90切り達成者が続出!自宅でプロのスイング診断を受けてみよう!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ゴルフ浸り , 2021 All Rights Reserved.